知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

白湯(さゆ)のアレンジレシピ!はちみつなどを使った作り方を紹介!

   

白湯をいろいろとアレンジできないかな…と思ったことはありませんか?
健康的で、体を内側からあたためてくれる白湯ですが、毎日飲んでいると飽きてしまうこともありますよね^^;

アレンジのなかでも人気があるのは「はちみつ」です。
やさしい甘さのはちみつは、味だけでなく美容にうれしい効果があるんですよ(^^)
はちみつのほかにも、白湯のアレンジに使うことによって味や効能にプラスになるものはいろいろあります。

今回は、いつもの白湯にちょっとひと工夫したいというアナタのために

  • はちみつを使った白湯のアレンジレシピ
  • ちょっと変わった白湯のアレンジレシピ

などについてまとめした!

スポンサーリンク

はちみつなどを使った白湯のアレンジレシピ3つをご紹介!

白湯を毎日続けるためには、いろんなアレンジレシピを知っておきたいですよね。
なかでも、始めやすい白湯アレンジはこの3つです。

  • はちみつ
  • しょうが
  • レモン

家庭で常備していたり、スーパーでも手に入りやすいものばかりなのですぐに試すことができますよ!

はちみつ

はちみつは健康にも美容にもいいことで有名ですよね。
数ある白湯のアレンジのなかでも、私のイチオシがこの「はちみつ」です!
はちみつ特有の甘さが白湯に加わって、とても幸せに気持ちになれます (^^)

はちみつ白湯の作り方はとてもカンタンで、

  • 150~200ccほどの白湯
  • ティースプーン1杯分のはちみつ

混ぜるだけです!

はちみつを入れると、

  • 免疫力アップで風邪対策
  • ブドウ糖補給ができて疲労回復
  • 腸内環境を整えるのでデトックス効果

など、うれしい効果がたくさんあります☆

ちなみに、白湯のおいしい作り方は別記事のこちらを参考にしてみてくださいね(^^)

白湯(さゆ)のおいしい作り方と飲み方!水の種類や沸かす時間は?

しょうが

体をあたためる効果がある「しょうが」。
でも実は、しょうがはそのまま食べると体を冷やしてしまうんです
ですが、白湯に入れてアレンジに使うことで、体をポカポカにする食材に変身します!

しょうが白湯のカンタンな作り方は、

  • 150~200ccほどの白湯
  • しょうがチューブ1センチほど

を用意して、混ぜるだけです。
ほとんど手間がかからないのでおすすめです!

もちろん、生のしょうがを使うこともできて、その場合の作り方はこうです。

  1. しょうがを薄くスライスする
  2. 白湯に1を入れて、よく混ぜる
  3. しょうがのエキスが白湯によく溶け出たらできあがり

しょうがを入れると、

  • 代謝がアップするので「ダイエット効果
  • 血行が良くなるので「冷え症解消
  • 殺菌作用があるので「風邪予防

が期待できます。

美容にもいいし健康にもいいなんて、スーパーフードですよね!

レモン

ビタミンCが豊富に含まれる「レモン」。
レモンのさわやかな香りと酸味を白湯に加えると、また違った白湯のおいしさに気づくことができますよ(^^)

レモン白湯の簡単な作り方は、

  • 150~200ccほどの白湯
  • レモン果汁(生しぼりや市販の果汁、どちらでもOK!)10滴ほど

を混ぜるだけです!
レモン味が薄いと感じたら、お好みで追加してみてください。

レモンを入れることによって、

  • クエン酸で血糖値の上昇をセーブ
  • ビタミンCで美肌効果

などが期待できるのでおすすめです。

「酸味がちょっと苦手」という人は、レモンだけでなくはちみつも一緒に入れちゃいましょう!
そうすることによって酸味がまろやかになるし、はちみつも同時に摂取できますよ(^^)

ここでご紹介した白湯のアレンジレシピは、わりと「王道」に分類されるものです。
「すでに試したことある!」ということもありますよね。
これらよりも「もうちょっと変わったアレンジをしてみたい!」というときは、次の章を参考にしていただけたらと思います(^^)

ちょっと変わった白湯のアレンジレシピ!

前の章でご紹介した、はちみつ白湯やしょうが白湯などはすでに実践済み、というアナタ。
王道のアレンジだけでは飽き飽きしていませんか?

ここでは一風変わったアレンジ方法をご紹介するので、よかったら試してみてください☆

うめぼし

ご飯やお茶漬けなどによく合う「うめぼし」。
インパクトのある酸味で、おいしいですよね。
うめぼし好きの人は、白湯にうめぼしを入れて楽しむといいですよ☆

うめぼし白湯の作り方もとってもカンタンで、

  • 150~200ccほどの白湯
  • うめぼし1つ

をマグカップに一緒に入れるだけです!

うめぼしは、

  • 胃腸の活動を活発にする
  • 血液をサラサラにする

などの効果があります。

「最近、不摂生な生活をしているなぁ」と感じたときは、ぜひうめぼし白湯を試してみるといいですよ(^^)

黒砂糖

白砂糖よりもコクがある「黒砂糖」。
お料理で使うことが多いと思いますが、白湯に入れてもとってもおいしいんですよ(^^)

「白湯ダイエット中なんだけど、砂糖っていいの?」と不安に思う人もいるかもしれませんが、黒砂糖は血糖値の上昇をおさえる効果があるので、むしろダイエットにはもってこいなのです!

作り方はやはりとってとカンタンで、

  • 150~200ccほどの白湯
  • ティースプーン1杯分の黒砂糖

を混ぜるだけです。

ダイエット中で「甘味がほしい!」というときにおすすめですよ☆

オリーブオイル

健康志向の人やお料理好きの人なら、よく家庭に常備している「オリーブオイル」。
1日1回、オリーブオイルをティースプーンでそのまんま飲んでいるという人もいるくらい、体にいいオイルなのです。

いつも飲んでいる白湯に、お好みでオリーブオイルを入れるだけで健康的なオリーブオイル白湯を作ることができます。

オリーブオイルを白湯に入れることで、

  • アンチエイジング
  • 便秘解消

などが期待できます。

ですが、オリーブオイル白湯は「ほぼ無味」なので、味に変化が欲しい場合には不向きかもしれません。
もし「オリーブオイルは入れたいけど、無味はイヤ」と思うのであれば、はちみつしょうがなどと一緒に使ってみてもいいかもしれませんね。

無味なだけに、ほかのテイストのジャマをしないので使いやすいですよ(^^)

白湯のアレンジのまとめ

いかがだったでしょうか?
最後に、今回のポイントについてまとめておきますね(^^)

  • 白湯のアレンジで始めやすいのはこの3つです。
    1)はちみつ
    2)しょうが
    3)レモン
  • 王道のアレンジに飽きたら、
    ・うめぼし
    ・黒砂糖
    ・オリーブオイル
    などをアレンジに使うといいですよ。

そのままでもおいしい白湯ですが、たまにはちょっとアレンジをして味に変化をつけてみたいですよね。
これからも白湯ライフを続けていくためにも、いろんなアレンジ方法を知っておくと便利ですよ☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - 白湯