知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

成人式の振袖、レンタルの場合の値段相場は?時期は早いから要注意!

      2017/07/23

一生に一度しかない、成人式
大人になった記念に、ほとんどの人が晴れ着を着て参加します。
せっかくの記念日、華やかな振袖に身を包んで思い出づくりをしたいですよね!

私も成人式のときには親が晴れ着を一式そろえてくれたので、それを着て参加しました。

でも、持っている人はいいとして、悩むのはレンタルしようと考えている人です。
「振袖のレンタルって、どうやってするの?」
とお悩みのあなたに、今回は

  • レンタルする場合はいつごろ?
  • 値段の相場は?

などの疑問にお答えします!

スポンサーリンク

成人式の振袖、レンタル料金はいくら?相場は?

最近では、成人式に振袖を購入しないでレンタルする人が増えています。
若い時しか着られない色や柄もありますし、タンスの肥やしにするよりも、流行りのものをレンタルした方が買うより気楽かも、と思いますよね?

でも、振袖のレンタル料金ってどのくらいするのかよくわかりません。
インターネットなどで調べてみると、その料金もピンキリで迷ってしまいそう…
「値段の相場がわかればいいのに」と思いませんか?

振袖レンタルの料金

振袖のレンタル料金は「3万円~100万円」くらいまでと、正直かなり幅広いです。
これには理由があって、着る人の好みや素材によってレンタル料金も変わってくるからなのです。

着物は、

  • 正絹(絹100%)かそうでないか
  • 総絞り刺繍など、手の込んだものかどうか

などによって価値が違ってくるのです。
選んだ振袖によってレンタル料金に大きな差が出るのは、こういうわけなんです。

ただ、一般的な相場はすべてコミコミで

  • 15万円~30万円くらい

です。

そこで、気になるのは「すべてコミコミ」の内容とはどういうものか?ですよね。
振袖は、着物をレンタルするだけと思っていてはダメです。
「コミコミの」レンタル料金がどんな内容になっているかを見ていきます。

成人式の振袖、「すべてコミコミ」の内容とは?

1.小物類は料金に入っているか

振袖を着るためには小物が必要です。

  • 帯揚げ
  • 帯締め
  • 足袋
  • 腰ひも
  • 帯板
  • 半襟   
  • 長襦袢
  • 草履
  • バッグ

などなどです。

これらの小物がセットになっているかが大事です。
料金が安いと思ってレンタルを申し込んだら、当日になって「小物がレンタル料金に入っていなかった」なんてことでは困ります!

親や親戚から借りることができればいいですが、自分で用意した場合、成人式後は不要になるし、追加でレンタルすると別料金がかかります。
すべてのものがレンタル料金に入っているかは必ず確認しましょう。

肌着や足袋など直接身につけるものは、新品プレゼントなどのキャンペーンをしているレンタル店もありますので、聞いてみるといいですよ!

2.記念写真の前撮りは料金に入っているか

成人式の振袖姿を記念写真に残したいと思っている人は、

  • レンタル店で写真の前撮りができるのか
  • その料金はセットに含まれているのか
  • 写真は何ポーズ

ということも、確認しましょう。

セットに含まれていなければ、自分で手配をしなければいけないし、料金も別になります。
写真を希望するなら、前撮りの確認は必須です!

3.着付け、ヘアメイクは料金に入っているか

着付けやヘアメイクを

  • 別の美容院などに頼むか
  • セットに含まれているか

でも料金に差がでます。

写真の前撮りをしたい場合、着付けとヘアメイクを2回することになります。
当日のみの料金と2回分の料金でも違ってくるでしょうし、そもそもセットに含まれていなければ別料金になるので、割高になるということも頭に入れておきたいですね。

レンタル方法は2種類!割引も

レンタルには、2種類用意されていることがあります。

  • 振袖レンタル(リサイクル
    10,000円~
  • 新品振袖オーダーレンタル
    120,000円~

体型に合わせて「新品振袖オーダーレンタル」の予約ができることもあります。
新品がいいけどレンタルにしたいと思ったら、予算と相談して考えてみましょう。
この時も、セット内容がどうなっているかの確認を忘れずにしてくださいね。

また、「早期割引」や「紹介割引」などのお得なキャンペーンをしていることがありますので、レンタルすることに決めたら早めにチェックしたいですね!

レンタルする時に失敗しないためにも、自分が成人式にどうしたいのかということを、きちんと思い描いておくといいですね。
トータルでかわいくキメたいと思ったら、細かいことでもレンタル店で聞いてみるといいですよ!

成人式の振袖、レンタル予約するならいつ?

相場がわかったところで、次は成人式の振袖のレンタル予約の時期です。
自分好みの振袖をレンタルしようと思ったら、この予約時期がとても重要になってきます。

びっくりするかもしれませんが、実は人気の振袖は2年前から予約を受付していることもあるのです!

レンタルしているお店で振袖の新作が出そろうのが1月~3月のころ。
それに合わせて予約のピークも3月下旬と聞きますから、遅くとも1年前から考えておかなければなりません。

あまり早くて、ピンとこないかもしれませんが、これから成人式を控えている人は早めに行動することをおススメします。
「前年の成人式が終わったら予約」と覚えておくといいですね。

このように予約受付がはやいので、振袖の柄やバッグや草履などの小物類もすべて、人気のものから予約がうまっていきます。
出遅れると、

  • 振袖が気にいっても、合わせる小物に好みの物がない
  • カタログにのっているものと同じ振袖を希望するも、すでに予約済み

など、あきらめなければならないこともあるのです(涙)

また、着物は体に合わせたものを着ないと、誰が見てもおかしいとわかります。

  • 身長が平均より高い
  • 逆に平均より低い

などの場合は、あまり遅い時期に予約をしに行っても、サイズがないということがあります。
のんびりとしていられないですね。

「1年も前から?」と思うかもしれませんが、早く行けばたくさんの種類の中から好きな色柄のものが選べます。
一生に一度とのことですから、前年の成人式が終わったら、気合を入れて予約しにいきましょうね!

成人式の振袖、購入とレンタル、どっちがお得?

成人式の振袖は、「絶対レンタルがお得!」と思っていませんか?
逆に「一生に一度だから…」と、振袖の購入を考えている人もいますよね?

実は購入とレンタルで、どちらがお得かというのは料金だけで比べても、判断できないのです。
レンタルにするか購入するかをよく考えてもらうために、それぞれのメリット・デメリットをあげてみますね。

1.レンタルのメリットとデメリット

メリット

  • 成人式1日だけならレンタルの方が、費用が安くすむ(同クラスの振袖の場合)
  • 振袖をしまう場所やお手入れなどの心配なし
  • 成人式が終わったら返すだけでいい

成人式以外で着ることがなければ、持っていてもメンテナンスが大変。
着物ダンスも必要になりますし、そのための場所をあけなくてはなりません。

1日着て返してしまえば、保管や手入れの心配はいらないですよね?

デメリット

  • 成人式後、振袖を何度も着る機会があった場合は購入するより割高になることも
  • 気に入ったものでも自分のものではない
  • オーダーではないので、サイズの選び幅は少ない
  • 何人も袖を通しているので多少の型崩れなどがある
  • 新作や人気のものはレンタルでも割高(購入とかわらないことも)

レンタルも最近では種類やサイズが豊富になってきていますが、自分にジャストフィットするものが必ず見つかるとは限りません。
ある程度の妥協が必要なことも考えられます。

2.購入のメリット・デメリット

メリット

  • 2回~3回着る場合、同じ回数レンタルするより割安
  • 自分の体型にあわせて仕立てられるので、フィット感はバッチリ!
  • 記念として残る

振袖はレンタルの方が「割安」なイメージがありますよね?
でも実はそうとも限らないのです。

高いものは上を見るとキリがないのですが、今はセットで15万円からのものも見られます。
金額だけ見ると必ずしも購入の方が「割高」というわけではありません。

「友達の結婚式で」「大学の卒業式で」「結納で」など、着る機会が多ければ多いほどレンタルよりお得になりますよ。
そして、自分だけの振袖であれば着たい時にいつでも着ることができます

デメリット

  • 1回しか着ないなら割高になる
  • クリーニング代が意外と高い
  • 着なくても防虫などのメンテナンスが必要
  • 保管場所や専用のタンスがいるので置き場所に困る

高い買い物な上に手がかかるのが、着物。
私などたたみ方もわからないし、着物は専門のクリーニングに出さないといけないので「面倒」の一言しか浮かびません!

こうしてみると、

  • 成人式しか着る予定がない or ほぼ着ない
  • 成人式の後も着るつもり or または予定がある

の2点がレンタルか購入かの決め手になりますね。
どっちがお得かは、「成人式後の事情」によるということです。

成人式の振袖のレンタル、選び方のポイント!

成人式の振袖をレンタルすると決まったら、選び方のポイントを押さえておきましょう。

1.必ず実物を見て決めましょう

振袖をレンタルする方法としては、主に

  • ネット予約
  • レンタル店で予約

の2つではないでしょうか。

ネット予約は、家にいながらたくさんの振袖を見ることができます。
レンタル店にわざわざ行かなくていいので楽ですよね?

参考のためにネット上で見るのはとてもいいと思います。
ただ、決める時は実際に振袖を試着するなど、体に合わせてみることをおすすめします。

私も経験がありますが、好きな柄や色が必ず似合うとは限らないのが着物なんです!
若かったので、ピンク系や赤系の振袖を着てみたくて試着したら、なんと全く似合わない…(涙)

結局、濃いブルー系のものを選びました。

店員さんはたくさんのお客さんを見てきていますから、似合う振袖を必ず見つけてくれます。
はじめは納得がいかないかもしれません。
私もそうでした…^^;

でも、実際に鏡の前で試着してみると思ってもみなかった色柄が似合うということもありますので、レンタル店でプロに相談するといいですよ!

2.予算を決めていきましょう

振袖を見に行く前に、「予算」を決めておくといいですよ。
レンタル店では必ず最初に、「予算は全てセットで◯◯万円です。」と伝えます。

何も考えずに行って、いいものを見せられたら、ランクを落とすことが難しくなります!
一度気に入ったものを見つけてしまうと、なかなか気持ちを切り替えられないですよね?

予算オーバーにならないように、自分がレンタルできる範囲のものを見せてもらうようにしましょう。

成人式の振袖、レンタルの相場のまとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、成人式の振袖をレンタルする場合の値段の相場や、いつ借りるかなどついてご紹介しました。

  • レンタルの一般的な相場は15万円~30万円くらい(セット価格)
  • レンタル時期は最低でも1年前
  • できるだけ実物を見て決める

など、振袖をレンタルする時にはぜひ参考にしてみてください。

料金や、お店選びなど後悔しないように決めたいと思ったら、事前のリサーチが大事!
華やかな雰囲気の中で、好きな柄の振袖や小物を選ぶのも楽しいものです。
成人式前から楽しめるのは女子の特権ですね。

せっかくのハレの日、気に入った振袖をきて成人式を楽しんできてください!

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 成人式