知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

ハロウィンで使うマントの作り方!コレさえあれば仮装も様になる!

      2016/11/20

今や日本でもハロウィンの仮装は定着してきましたね。

私も子どものハロウィンパレードは毎年いろいろと工夫していますが、なかなか決まらず頭を悩ませます。

その中で簡単にできて、ばっちり決まったのがマントです。

魔法使いやバンパイアなど、マントがあればちょっとした小道具だけで仮装が様になりますよ。

今年のハロウィンはマントを手作りしてみませんか?

スポンサーリンク

ハロウィンで使うマントの作り方:道具

ここでは下の動画を参考にした子ども用マントの作り方をご紹介します。

まず用意する道具はこちら。

ミシンがあったほうがあっという間にできますが、ほとんどが直線縫いなので、時間があれば手縫いでOKです。

  • ミシン
  • 裁ちばさみ
  • クリップ(まち針や洗濯バサミでも可)
  • 定規
  • 紐通し
  • アイロン

ハロウィンで使うマントの作り方:材料

halloween-cloak-make-1

ハロウィンの魔法使いやドラキュラには黒い布がいいですが、紫やボルドーなどお好みで

普通の綿生地でもできますが、光沢のあるサテン生地のほうがおすすめです。

手芸店で安価で手に入るので、ぜひお試しください。

  • 黒い布 110幅×60cm
  • 布地に合ったミシン糸
  • サテンのリボン 1cm幅×140cm

ハロウィンで使うマントの作り方:手順

halloween-cloak-make-2

マントの作り方の手順は四つのステップ

とっても簡単ですよ。

  1. 布の四方をぐるっとまつります。
    上下は縫い代1.5cmの三つ折りで、左右は耳になるので縫い代1cmで二つ折りにします。
    三つ折りはアイロンをあてておくとミシン掛けがスムーズです。

  2. 襟を作るために、上から8cmのところで外表に折り、まち針やクリップで留めたら、さきほどの三つ折りした縫い目から1cm離して縫い付けます。
    このひと手間が、襟が立つポイントになります。
  3. 2の縫い目よりさらに1.5cm間隔をあけて縫い、紐を通す穴を作ります。
  4. 紐通しを使ってサテンリボンを通します。
    リボンを両端から絞って、首周りの適当な位置まで縮めたら、本体の絞り口とリボンを縫い付けて固定し、完成です。

ハロウィンで使うマントの作り方:コツとポイント

上手に作るコツは三つ折り部分にしっかりアイロンをあてておくこと。

縫い終わりがヨレず、きれいに仕上がります。

上で紹介したのは子ども用のマントの作り方でしたが、幅160cm×長さ100cmくらいの布サイズで作ると大人用として使えるので、親子ペアで作って仮装するのもいいですね。

大人用は襟を作るときの折り返しを10cmにします。

可愛くするポイントは、かぼちゃやスター型のアップリケをつけて。

より魔女っぽくしたいときは裾をまつらず大きくギザギザにカットして切りっぱなしにすれば、雰囲気が出そうです。

ただし、ほつれた糸が指に絡まる心配があるので、子ども用はしっかりまつり縫いしましょう。

また、違う色の裏地をつける方法もあります。

違う色の布を中表にして周囲をぐるりと縫って、返し口から表に返せば、あとは上の手順と同じ方法で作っていきます。

手芸上級者さんには、かなり本格的なマントのレシピをご紹介。

ハロウィンに!ヴァンパイア 型紙 作り方

子どもから大人まできめ細かくサイズ分けされた型紙をダウンロードできるのでチェックしてみてください。

ハロウィンで使うマントの作り方まとめ

とても簡単なハロウィンで使うマントの作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか?

男の子はブラウスと黒いパンツでバンパイアに、女の子ならワンピースと合わせて可愛い魔女に早変わりです。

布の色を変えればヒーローにも応用できそうですよね。

今年のハロウィンは、手作りマントでパレードに出かけましょう!

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - ハロウィン