知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

ハロウィンのパーティーのゲームで絶対盛り上がるのはコレ!

      2016/11/20

ハロウィンはクリスマスやバレンタインデーのように、日本ではすっかりおなじみとなったイベントのひとつですね。

みんなで集まって、ハロウィンパーティーをする人も多いと思います。

そこで、子どもから大人まで、絶対盛り上がるハロウィンパーティーのゲームをご紹介します。

いろんなゲームを企画して、今年のハロウィンを楽しみましょう!

スポンサーリンク

ハロウィンのパーティーのゲームならコレ!

子どもたちがたくさん集まるハロウィンパーティーのゲームなら、ルールが分かりやすい簡単なものがいいですね。

まずは小さな子ども向けの簡単なゲームを挙げていきます。

宝探しゲーム

用意するもの

  • お菓子、またはカボチャなどハロウィンにちなんだカード

やり方

部屋のいろいろな場所に、お菓子またはカードなどを隠しておきます。

子どもたちはそれを探すだけの単純なゲームですが、見つけた時に大喜びしてくれる姿が可愛いですよ。

ひとつ見つけたら終わり、とルール決めておくといいですね。

 halloween-party-game-1

魔女のほうき

用意するもの

  • 大きめの用紙(カレンダーの裏など)
  • マーカーやクレヨン
  • セロテープ
  • 太めのひも(カラフルな毛糸でも可)

やり方

ほうきにまたがった魔女の絵を描いて壁に貼ります。

この時、ほうきの「穂」は描かないでくださいね。

ひもはほうきの穂を想定した長さにカットし、先にセロテープをつけます。

一人ずつ目隠しをして壁まで歩き、ひもを魔女のほうきの先に貼り付けます。

スイカ割りや福笑いの遊び方に似ていますね。

年少さんや、もっと小さなお子さんは目隠しなしでチャレンジ。

みんなで楽しみながら、魔女のほうきを完成させます。

halloween-party-game-2

ピニャータ

用意するもの

  • くす玉など割れやすい紙の入れ物
  • お菓子
  • 棒(新聞紙を固めにクルクル丸めたものが安全です)

やり方

ピニャータはメキシコ発祥のパーティーゲームで、ハロウィンパーティーの締めくくりにオススメのゲームです。

お菓子やスーパーボールなど小さな玩具の詰まったくす玉を高いところから吊るし、棒で叩き割ります。

あらかじめところどころに切れ目をいれておくと、子どもたちでも簡単に割れますよ。

くす玉が割れてお菓子が降ってくると、子どもたちは大興奮!

ちょっと手間と時間がかかりますが、ピニャータは手作りできるのでお子さんと一緒に作ってみてはいかがですか?

ピニャータの作り方

ここからは、大人も一緒に楽しめて盛り上がる、簡単なゲームをご紹介します。

アップルポピング

用意するもの

  • 水が入る桶やタライ
  • りんご
  • レジャーシート

やり方

水を張った桶にりんごを浮かべて、合図とともに一斉にりんごを口だけで取る遊びです。

りんごの果実部分はツルツルして難しいので、お子さんにはりんごの軸を咥えるなどのハンデがあるといいですね。

パン食い競争に似ていますが、こちらの遊びは欧米ではハロウィンの定番だそうです。

水が飛び散ることもあるので、室内でやる時はレジャーシートなどを敷いておきましょう。

halloween-party-game-3

ミイラ競争

用意するもの

  • トイレットペーパー

やり方

チーム対抗で行うゲームで、合図に合わせてミイラ役の人にトイレットペーパーをぐるぐるに巻きつけていき、先にミイラを完成させたチームが勝ち。

小さい子どもはじっと立っていられないので、ミイラ役には小学生以上か大人の人がやりましょう。

顔に巻きつける時は口や鼻を塞がないように気をつけて。

終わったらトイレットペーパーは回収して、パーティーが終わったあとのお掃除に利用するなどして、最後まで使いましょうね。

スタンドアップゲーム

やり方

このゲームは道具などを使わないので用意するものはありません。

円陣に座って、順番に立つ人の数を推理して言います。

このとき、数字を言う人と他の参加者は立つか座ったままで、立った人の数と推理した数字がぴったり合えば勝ち抜けです。

最後まで残った人には罰ゲーム!

上のミイラ作りのミイラ役になってもらうなど、軽い罰ゲームをあらかじめ用意しておきましょう。

ハロウィンのパーティーゲームのまとめ

ハロウィンパーティーは仮装だけでなく、ゲームがあると最後まで盛り上がれます。

今回は主にハロウィンにちなんだゲームをご紹介しましたが、いろいろなパーティーでも応用できそうなので、覚えておくといいですね。

それでは楽しい、ハロウィンパーティーを!

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - ハロウィン