知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

おはぎのカロリーってどれぐらい?カロリーを下げる方法は?

      2017/01/08

秋のお彼岸が近くなると思いだされる和のスイーツ「おはぎ」

スーパーやコンビニなどで売られているのをよく目にしますよね。

ひとつ食べ始めると、止まらなくなる方も多いのではないでしょうか。

おいしくてやめられなくなりますが、砂糖を使っているしカロリーが気になりますよね?

「おはぎ」のカロリーがどれぐらいなのか調べてみました。

スポンサーリンク

おはぎのカロリーってどれぐらい?

ohagi-calorie-1

「おはぎ」の代表的なものとしては思い浮かぶのは、もち米をあんこで包んで作ったものではないでしょうか。

甘いお菓子ですから、高カロリーな気がしますが、実際はどうなのでしょうか。

一般的な大きさの「おはぎ」は1個約70グラムです。

あんこにも種類があって、粒あんとこしあんの「おはぎ」がありますよね。

粒あんだと1個あたり約180キロカロリーです。

ご飯一杯分が220キロカロリーですから、ご飯より低いです。

100グラムあたりでは、粒あんが244キロカロリー、こしあんが155キロカロリーなので、粒あんのおはぎの方が高カロリーのようです。

「おはぎ」1個で考えると、思ったよりカロリーが高くない気がしますが、どうでしょうか。

おはぎの種類によってどれぐらいカロリーに差があるの?

ohagi-calorie-2

地方によっては、色々な種類があるようですが、スーパーやコンビニなどでよく見かける「おはぎ」と言えば、あんこ・きなこ・ごまの3種ではないでしょうか。

素材によって、カロリーも違ってくるのか知りたいですよね。

1個あたり、

  • 粒あん180kcal
  • きなこ113kcal
  • ごま126kcal

でした。

比べてみると、きなこのカロリーが一番低いようです。

ただし、きなこにも砂糖が使われているので、きなこの「おはぎ」だったらいくら食べてもいいということにならないのが悩ましいところです。

おはぎのカロリーを下げる方法ってある?

ohagi-calorie-3

思ったほどカロリーは高くありませんでしたが、ダイエット中だったりすると出来るだけカロリーの低いものをチョイスしたくなります。

「おはぎ」を食べるのを我慢することなく、でも、カロリーを抑えたい場合、その方法はあるのでしょうか。

1.あんこなどを作る時に砂糖を減らす

きなこやあんこは作る時に砂糖を混ぜます。

この砂糖を減らすだけでカロリーを抑えることが出来るのです。

上白糖のカロリーが、大さじ1杯(約9g)で35kcalになりますから、大さじ1杯減らすだけで、相当カロリーをカットできます

その他にも人工甘味料を使って、甘味そのままにカロリーを抑えて作るのもいいですよね。

2.もち米の量を減らす

「おはぎ」はほとんどがもち米で作られますが、人によっては白米を混ぜて作ることもあります。

その時に、もち米の割合を減らせばカロリーも減らすことが出来ます。

もち米より白米の方が低カロリーだからです。

3.お米に低カロリーのものを混ぜる

もち米や白米で作るおもちにサツマイモやおから、豆腐を混ぜたりすることでカロリーを抑えます。

白玉粉と白米で作るとモチモチ感があっていいかもしれません。

白米よりカロリーが低い食材を代替品として作ってみるといいでしょう。

4.小さく作る

1口サイズの小さい「おはぎ」を作って1度に食べる量を減らすというのはどうでしょうか。

サイズが小さければ、カロリーも少なくなりますし、食べられないストレスも減らせる気がしますね。

5.間食にしないで食事として食べる

3食食べて、かつ間食で「おはぎ」を食べると、カロリーが気になります。

どうしても食べたいという時は、1食を「おはぎ」にすることで、我慢せずに済むことになります。

いずれも、自家製で作るとカロリーを減らせるということがわかります。

体に優しい「おはぎ」を自分好みにアレンジして作ってみるのも楽しいかもしれませんね。

おはぎの保存方法は?

「おはぎ」を日常的に作ることは少ないと思いますが、その分作る時にはそれなりの数になることでしょう。

お彼岸の時に作った「おはぎ」の日持ちはどのくらいなのでしょうか。

あくまでも自家製の場合ですが、保存方法を知っておけば、お彼岸当日だけでなく翌日以降も楽しめるかもしれません。

1.常温保存

秋のお彼岸、つまり9月ですとまだ気温が高いため常温では翌日まで持たない可能性があります。

常温保存を考えた時に、雑菌が繁殖しないように素手で作らないということも大事だと思います。

もし常温で保存するのであれば、タッパーなどの密閉容器に入れ、高温多湿にならないような場所に保存し、その日のうちに食べた方がいいかもしれません。

2.冷蔵保存

冷蔵庫で保存するときに気をつけることは、乾燥です。

1個ずつラップで包みさらにジップ付の保存袋に入れて空気を抜いて冷蔵します。

どうしても固くなってしまうので、食べる時には電子レンジで温めます

そうすると比較的柔らかく戻りますので、冷蔵庫で保存した場合は温めてから食べましょう。

3.冷凍保存

冷凍保存が一番おすすめです。

おおよそ、1か月ほどは保存できると言われています。

保存の仕方は、冷蔵保存と同じく1個ずつラップで包みさらにジップ付の保存袋に入れて空気を抜きます。

解凍は自然解凍が一番いいですが、電子レンジで温めてもいいでしょう。

おはぎのカロリーまとめ

意外とカロリーが高くなかった「おはぎ」

カロリーを上手に減らす工夫をすれば、ダイエット中にも食べられそうですね。

でも、おいしいからと言って食べ過ぎは禁物です。

ほどほどに、でも楽しんでおいしく食べられるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - カロリー