知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

塩風呂はダイエットに効果がある?デトックスで美容や美肌にも!

      2017/08/28

入浴を利用したダイエットでお手軽にできるのが「塩風呂ダイエット」です!
芸能人が紹介したことで話題となった塩風呂。
お風呂があればすぐにでも試せるので、とっても簡単ですよ(^^)

でも、ただ塩をお風呂にいれるだけでは、塩風呂の効果を完璧に引き出すことはできません。
ではどうすればいいのでしょうか?

今回は、実体験で得た私の塩風呂ダイエットの方法と注意点についてご紹介します!

スポンサーリンク

塩風呂ダイエットの効果は?

体重について

個人差はありますが、塩風呂ダイエットをはじめて、なんと体重がー5kgぐらい変化する方もいます。
塩風呂ダイエットは週に3回~4回ぐらい入ると、ダイエット効果があるといわれています。

塩風呂の消費カロリーは半身浴の場合だと約100~150kcalで、バナナ1本半ぐらいのカロリーを消費できます。
カロリーの消費量はそこまで高くはありませんが、塩風呂に入ることで新陳代謝があがるので、痩せやすい体になります。

痩せやすい体になるということは、リバウンド防止にもつながりますので、他のダイエットと塩風呂ダイエットを組みあわせるのもいいですよ!

汗の質

塩風呂で一番感じた効果が「」についてです。
汗の量はもちろんですが、その質にも違いを感じました。
体中の老廃物が汗といっしょに出ていく感じです。

言葉で例えるなら「ドロッ」とした汗が、頭のてっぺんからつま先まで出てくる感じです!
でも、ドロッとした汗が出てくるのは最初のほうだけで、入り続けるとその汗も「サラリ」とした汗にかわってきます。

肌の質感

塩風呂から上がった後、体に化粧水をつけていると
「あれ?スベスベなのにしっとりしている?」
とよく感じました!

とくに塩を直接お肌につけた日は、びっくりするぐらいスベスベだったのをよく覚えています。
それからは朝の洗顔にも、塩をまぜた洗顔フォームで顔を洗うようになりました。

やっぱり塩を入れると化粧ノリが全然違うので驚きです!
肌の汚れを塩がきれいにしてくれているのでしょうね(^^)

塩風呂ダイエットは、今すぐ痩せる!というダイエット法ではないですが、

  • 体の老廃物を出して
  • 新陳代謝をあげ
  • 痩せやすい体

を作ってくれます。
これは長期的にみると、とっても大切なことですよね!

これまでの話を踏まえたうえで、次は塩風呂ダイエットのやり方についてみていきましょう!

塩風呂ダイエットのやり方とは?

まずは塩風呂に欠かせない「塩」の選び方と、塩風呂の入り方についてご紹介します。
塩とお風呂があればすぐにはじめられるので、ぜひお家でためしてみてくださいね♪

塩風呂ダイエットにおすすめの塩は?

まずは塩選びについてお伝えします。
大事なポイントなので、しっかり覚えておきましょう!

塩風呂ダイエットで使う塩は「伯方の塩」がおすすめです!
伯方の塩は海水から作られた天日塩で、海のミネラルをたっぷりふくんでいます。
このミネラルが塩風呂ダイエットには欠かせない成分なので、安くて購入しやすい伯方の塩がおすすめなんです。

スーパーで買うと重くて買いに行くのが大変ですので、Amazonなどのネット通販を利用しましょう。
塩風呂用におすすめなのは「粗塩」の伯方の塩です。

体につけたときのザラザラした感触が、肌の汚れを落としてくれるのがよくわかります!
私もこの粗塩の伯方の塩を使っています(^^)

ただし、お肌が弱い方や敏感肌の方は、粗塩だと肌を痛めてしまいます。
そんなときはサラサラの「焼塩」の伯方の塩を使いましょう。

粗塩より少し値段が上がりますが、粗塩よりザラザラ感がやわらぎます。

ちなみに

  • 岩塩
  • 食卓塩
  • 精製塩

ミネラルが少ない、または全く入っていない塩なので、塩風呂ダイエットには使わないようにしてくださいね!

塩風呂用のお塩が決まったら、次は塩風呂の入り方についてです。

塩風呂ダイエットの入り方は?

私が実際にやっている塩風呂の入り方をご紹介しますね!

  • ジムの帰り
  • 仕事で疲れたとき

にもおすすめなので、ぜひ試してみてください。

まずはお風呂の準備をしましょう。

  • お湯の温度は38~40度
  • 半身浴より少し多いぐらいのお湯の量(みぞおちぐらいの水位)
  • 30g~40g(もう少し多めでもOK)の塩を湯船に入れてとかす
  • 30gほど体につける用の塩を別に用意

お風呂の準備が完了したら、次の通りに塩風呂に入ってみてください。

  1. 塩風呂に入る前に、コップ1杯の水を飲む(できれば常温の水
  2. シャワーで体の汚れを落とす
  3. 塩を体にすりこむ(お腹周りや二の腕など、気になる部分をもむように!)
  4. 塩を洗い流す
  5. 湯船に20分ほどつかる
  6. もう一度シャワーで体を流す
  7. お風呂からあがったら、もう一度コップ一杯のお水を飲みましょう

意外と簡単ですよね(^^)
お風呂からあがると、肌がしっとりスベスベなのがとてもよく分かりますよ!

また、汗の量と質がちがうのがわかります。
私が塩風呂を始めたころは、ドロッとした汗がぼたぼた落ちてきて、びっくりしました(汗)

塩風呂の入り方はこれでばっちりですね!
次はダイエット効果を上げるエクササイズをご紹介しますね。

塩風呂エクササイズ

塩風呂効果で代謝があがっているこのタイミングで、より痩せる体を作っていきましょう!
まずはこちらの動画をご覧ください。

ツイストのストレッチによって、お腹が引き締められてますね。
塩風呂と合わせることで、みんなが気になるお腹周りのダイエット効果を上げることまちがいなしです!

もうひとつご紹介したい動画があります。
それはこちらです。

人間の足の裏には「反射区(はんしゃく)」と呼ばれる、体の内臓に連結しているツボがたくさんあります。
塩風呂でデトックス効果が上がっているタイミングで、ダイエットの妨げになる老廃物を足裏マッサージで流しちゃいましょう!

塩風呂ダイエットの注意点とは?

良いこといっぱいの塩風呂ダイエットですが、いくつか注意点があります。
塩風呂ライフを楽しむためにも、ぜひ覚えておいてくださいね。

塩風呂中に追いだきしない

塩のミネラルが、配管や浴槽内を傷つけてしまうことがあります。
なので、塩風呂中は追いだきをしないでください。

また、残り湯は洗濯などに使用せず、そのまま流して浴槽内をシャワーできれいにしましょう。

かゆみがある

塩風呂は人体に無害ではありますが、敏感肌肌が弱い人は塩風呂でかゆみがでる場合があります。
かゆみが続き、肌が赤くなる場合はすぐに塩風呂を中断し、冷たいシャワーで体を流しましょう。

お風呂から出てもかゆみや赤みが続くのであれば、すぐにかかりつけのお医者様にご相談ください。

傷口が痛い

肌が弱くなくても、切り傷やすり傷に塩は痛いですよね。
そんなときは無理をせず、傷が治ってから塩風呂に入るようにしてください。

傷以外でどうしても体にすりこむ塩が痛い方は「ボディソープ」と一緒に使ってみてください。
塩がスクラブ洗顔みたいになってザラザラ感をやわらげてくれます。

入浴剤とまぜない

塩風呂は無臭なので香りつきの入浴剤を入れたいところですが、入浴剤の成分によっては浴槽内や肌に悪影響をあたえる可能性があります。

香りも楽しみたい場合は、肌にも使用できるアロマオイルがいいでしょう。
アロマオイルなら直接湯船に入れなくても、洗面器に熱いお湯をそそいでアロマオイルをたらせば、浴室内に香りが広がるのでおすすめです。

塩風呂ダイエットのまとめ

体にうれしい効果がいっぱいの塩風呂ダイエットのお話しでした!
最後に今回のまとめです。

  • 塩風呂はやせやすい体をつくる
  • 塩風呂で肌がきれいになる
  • 塩風呂用の塩は「伯方の塩」がおすすめ
  • お風呂の中でエクササイズをするとより効果的
  • 肌に異常がでたら即中断し、場合によってはお医者様に相談する

余談ですが、とある有名女優さんは塩風呂に塩を300gも使うそうです!
300gもお風呂に入れれば、ほとんど海水と変わらない濃度になるからだそうです(^^;)

また、塩風呂はスピリチュアルの面でも、心をきれいにしてくれるといわれています。
ダイエットだけではなく、ちょっとしたリフレッシュにも塩風呂を使ってみてください(^^)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - 塩風呂