知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

切迫早産の時の食事制限について!栄養やカロリーの管理方法は?

      2017/07/19

切迫早産になると、安静生活を強いられるので体重管理がむずかしいですよね…

体重が増えすぎると、

  • お産のときに難産になる
  • 妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病になるリスクが上がる

などのデメリットばかりなので、カロリーのコントロールはちゃんとしておきたいところです。

しかし、体重を気にしすぎて極端な食事制限は絶対やってはいけません!

「だったらどうしたらいいのよ!」とジレンマでお悩みのアナタのために、今回は

  • 切迫早産中は食事制限は必要なのか?
  • 切迫早産中のカロリー管理
  • 切迫早産のときに食べるといいもの
  • とっておきたい栄養

などについてまとめました!

スポンサーリンク

切迫早産だと食事制限が必要になる?

切迫早産は、安静にしなくてはいけないので行動の制限はされますが、食事の制限は特にありません

切迫早産で入院したという人でも、食事は普通の病院食、という人が多いです。
なかには、出産後の産褥食(さんじょくしょく)と同じものを食べていたという人も。

私も切迫早産になったことがあるのですが、食事については特に何も言われませんでした
これまでの健診で特に体重や食事内容で指導を受けたことがなければ、これまでどおりの食生活で大丈夫ですよ(^^)

ですが、油断は禁物です。
行動の制限がかかることによって、これまでウォーキングなどで体重管理をしていたという人は食事でバランスをとる必要があります。

切迫早産経験者のママ友は、体重が増えやすいからウォーキングをがんばっていたのに、安静指示後はみるみる太っていってしまいました(汗)
軽い家事ならやってもいいということだったので、カロリーをおさえた食事を作ってなんとか許容範囲内で体重をコントロールしていましたが、とても大変そうでした…

切迫早産中は、どのようにカロリーを管理すればいい?

前の章では、切迫早産になっても特に指示を受けてないなければ食事制限はない、ということをお伝えしました(^^)
ただでさえ安静生活でストレスがたまりやすいのだから、食事くらいは普通にしたいですよね。

ですが、運動できないので、太りやすい人はうまくカロリーを管理して「いかに体重の増加をおさえるか」ということがカギになります。

「無理せずカロリーを管理するにはどうしたらいいのか…」という悩みを解消するのは、ズバリ「食事の取り方」にあります!
妊娠中は食欲が旺盛になるので、「食べすぎてしまう」のが太る一因になっています。

食事内容を大幅に変えなくても、食事の取り方を

  • 食事のはじめに、あたたかい汁物を飲む
  • 時間をかけて、よく噛む
  • 食事中はこまめに水分をとる

などするだけで、かなり満足感が得られますよ(^^)

また、お米などの炭水化物のカロリーが気になるという人は、

  • 白米に、雑穀米やこんにゃくを混ぜる
  • 白米を玄米に置きかえる

などしてお腹を満たしましょう♪

切迫早産のときは、どんなものを食べたらいい?

前の章では、食べすぎやカロリーオーバーを防ぐ方法についてご紹介しました。
コレで体重管理はひと安心なのです☆

お次は、切迫早産中に食べておきたいものについてお伝えしますね!

体をあたためる食べ物を食べる

妊婦さんに冷えは大敵です。
体が冷えると血流が悪くなり、赤ちゃんのいる子宮の血の巡りも悪くなります。

体を内側からあたためるには、

  • ゴボウや大根などの根菜類
  • リンゴやぶどうなどの果物

なとがおすすめです!
根菜はあたたかいお味噌汁にして食べるといいですよ(^^)

食べ物で便秘を予防!

妊婦さんがおちいりやすい便秘
特に切迫早産だと、お通じのときは「いきまないで!」と指示されることがあります。
便秘になると、ずっとトイレに座りっぱなしだという人もいますが、切迫早産中はご法度です…!(TT)

スムーズなお通じには、

  • 納豆やおからなどの大豆製品
  • 腸の働きを整えるヨーグルト

などがおすすめです。

便秘を予防する食事をこころがけましょうね(^^)

切迫早産中にとっておきたい栄養は?

ここまでで、妊娠中は

  • 体をあたためたり
  • 便秘を予防したり

するものをすすんで食べるといい、ということがお分かりいただけたと思います(^^)
お腹の赤ちゃんのためにも、ママの体にやさしいことをしてあげたいですよね!

そしてもう1つ、妊娠中のママにとっておいてほしいものがあります。
それはズバリ「鉄分」です。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんに栄養や酸素を送るのに血液が大活躍します。
赤ちゃんの栄養などは、へその緒を通して血液で運ばれるのです。

そのため、妊娠中のママの体の中では血液が大量に作られます。
ですが、血液の量が増えても赤血球の数は変わらないので、貧血を起こしやすくなってしまうのです(汗)

切迫早産で安静にしていても、ベッドから立ち上がったときなど、ふとした瞬間に貧血で倒れでもしたら大変です!
そんな貧血を防ぐために、たくさんの鉄分をとる必要があります。

貧血を予防するには、鉄分が豊富に含まれている

  • レバー
  • 小松菜
  • 納豆

などを食べましょう!

切迫早産の時の食事制限のまとめ

いかがだったでしょうか?
最後に、切迫早産の時の食事制限や食事についてまとめておきますね。

切迫早産と診断されても、「特に指示がなければ食事制限はなし」ということがほとんどです。
ただし、これまで体を動かすことによって体重管理をしていた人はちょっと注意が必要です。

切迫早産中のカロリーをコントロールは、

  • 食事のはじめに、あたたかい汁物を飲む
  • 時間をかけて、よく噛む
  • 食事中はこまめに水分をとる

などして満足感を得られる食事方法を取り入れましょう!

切迫早産中は、

  • 体をあたためる食べ物
  • 便秘を予防する食べ物

などを積極的に食事に取り入れるといいですよ(^^)
また、妊娠中は貧血を起こしやすいので鉄分をしっかり取るようにしましょう。

出産までツラい安静生活が続くこともありますが、健康な赤ちゃんを産むためにがんばって乗り越えましょうね☆

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 切迫早産